春日 太一

春日太一[カスガタイチ]
1977年東京都生まれ。映畫史・時代劇研究家。日本大學大學院博士後期課程修了(芸術學博士)。時代劇を中心とした日本の映畫やテレビドラマを研究。失われつつある撮影所文化を後世に殘すべく、當事者たちへの聞き書きをライフワークにしている(本データはこの書籍が刊行された當時に掲載されていたものです)

仲代達矢が語る 日本映畫黃金時代

仲代達矢が語る 日本映畫黃金時代

春日 太一 2013-01-17 9784569804187 PHP研究所

役者になって60年。 80歳を迎える仲代達矢がこれまでの作品を振り返る。 日本映畫は昭和20年代から30年代は黃金時代。 ちょうどその頃、仲代達矢はデビューした。 俳優座養成所でのこと、小林正樹、岡本喜八、黒澤明ら名監督との出會い、高峰秀子、原節子、勝新太郎といった有名俳優との仕事などを回想する。...